GENCI について

General Nippon Concrete Industries Limited(GENCI)は、タイ国における各種建設資材の製造、販売及びサービス提供会社の大手企業である
General Engineering Public Company Limited(GEL)と、日本国における遠心パイルメーカーの大手企業である日本コンクリート工業株式会社(NC)との合弁会社です。


GENCIは、2017年6月に設立され、現在の資本金は2億タイバーツです。GENCIは、GELのタイ国における建設ビジネスの長い経験と、NCの遠心パイル製造における革新的技術により、遠心パイルを製造・販売することを初期の目的として設立しました。GENCIの遠心パイル製造と製品は最も効率的で、すべてのお客様のニーズに応えるべく他社に負けない価格を確信しております。

image

General Nippon Concrete Industries Limited(GENCI)は、遠心パイルを製造するメーカーであり、杭打施工による材工のサービスも提供します TIS 398-2563標準。GENCIはコンクリートの配合技術や蒸気養生、品質管理といった製造工程において、日本のノウハウを応用しています。遠心パイルはビルや住居、工場などの高強度の基礎及び高支持力が求められる建物に対し適切です。さらに、我々の工法では杭の打設前に掘削することで、静寂、無振動を供給できるという特徴があり、打撃工法による振動を回避することができます。GENCIでは400、500、600、800mmの杭径の遠心パイルを製造しています。

 

遠心パイル

GENCIはコンクリートの配合技術や蒸気養生、品質管理といった製造工程において、日本のノウハウを応用しています。遠心パイルはビルや住居、工場などの高強度の基礎が求められる建物に対し適切です。さらに、我々の工法では杭の打設前に掘削することで、静寂、無振動を供給できるという特徴があり、打撃工法による振動を回避することができます。

GENCIでは400、500、600、800mmの杭径の遠心パイルを製造しています。TIS398-2563 規格による認定。

遠心パイルの利点

  • 遠心杭対矩形杭
  • 建物への振動を減らすことができる様々な工法を使用し、施工することができます。
  • プレートの品質が良いため、完ぺきな杭の打設が可能です。
  • 高い塩化性の環境下での打撃工法に適した高密度
image
image

INSTALLATION SERVICE

  • D.R.A工法
  • 打撃工法
  • 圧入工法
  • プレボーリング最終打撃工法
  • オーガモーターによるプレボーリングと最終打撃工法