遠心パイル

GENCIはコンクリートの配合技術や蒸気養生、品質管理といった製造工程において、日本のノウハウを応用しています。遠心パイルはビルや住居、工場などの高強度の基礎が求められる建物に対し適切です。さらに、我々の工法では杭の打設前に掘削することで、静寂、無振動を供給できるという特徴があり、打撃工法による振動を回避することができます。

GENCIでは400、500、600、800mmの杭径の遠心パイルを製造しています。TIS398-2563 規格による認定。

image
image

遠心パイルは、設計会社から要求された支持力などコンクリート強度が改善されたプレストレスコンクリートという利点が使われた技術です。高品質のコンクリートと500ksc以下のコンクリートが混合されており、日本やNC標準に従い、将来的に1,230kscのコンクリート杭を供給することが可能です。

 

遠心杭は20~30Gの範囲で遠心整型されたコンクリート杭であり、矩形杭と比較するとコンクリート強度が改善されています。遠心杭の中に埋設されているPC鋼線は、空気や塩化物に対する低浸透性により、錆を防ぐことが可能です。この種類のコンクリートは川や海、高い塩化性の土壌といった特別な環境で使用することに適しています。

遠心パイルの技術データ

 

遠心パイルの利点

Spun Pile vs Square Pile

  • 遠心杭対矩形杭
  • 建物への振動を減らすことができる様々な工法を使用し、施工することができます。
  • プレートの品質が良いため、完ぺきな杭の打設が可能です。
  • 高い塩化性の環境下での打撃工法に適した高密度


Spun Pile vs Square Pile

  • プレキャストコンクリートは現場造成杭に比べよりよい品質です。
  • 現場造成杭との比較では、施工方法が簡単で速く、複雑ではありません。
  • プレキャスト製品の為プロジェクト現場への納入後直ちに施工が可能であり、コンクリートの打設を待つ必要がありません。
  • 遠心杭施工にかかる全体的な費用はより経済的です。

 

 

遠心パイルの製造工程