杭打施工

 

D.R.A工法

image

D.R.A工法

D.R.Aは地盤にスクリューを使い掘削する方法です。ケージングは杭長と同じ長さであり、ベントナイトに代わって地盤崩壊を防ぐことができます。本施工法で使用するパイルはプレキャスト製品であり、現場造成杭より速く施工することができます。

 

利点

  • 低騒音および低振動は、住民の苦情をほとんど引き起こしません。
  • 柔らかい層、砂層、砂利層、堆積層の掘削は、スクリューとケージングを使用することで可能です。
  • ケージングを使用することは地盤の崩壊を防ぐことができます。
  • 軟岩層の掘削が可能であることにより、高い支持力を実現できます。
  • 発電機からオーガモーターへの電流値を計測することにより、支持層を確認できます。

D.R.A.工法

1. ケーシング位置

2. 掘削

3. オーガの取り外し

4. セメントペーストの充填

5. 穴にパイルを挿入

6. ケーシングの取り外し

7. 補助ハンマーによる最終打撃

image

打撃工法

image

打撃工法はタイでは有名なパイル打設方法で、経済的であり、定位置までハンマーを引き上げ、落とし、杭が要求された深度まで打設する単純な工法です。

圧入工法

圧入工法は油圧システムを用いた工法で、必要荷重でパイルを圧入することができる。本杭で打設された杭は既に載荷試験されたものに近い。従って、本杭施工終了時に本杭試験を実施する必要がありません。

プレボーリング最終打撃工法

プレボーリング最終打撃工法は、振動や地盤崩壊を防ぐため、スクリューを使って地盤の土を取り出す工法です。

オーガモーターによるプレボーリングと最終打撃工法

オーガモーターによるプレボーリングと最終打撃工法はスクリューを使って穴を掘り、杭を沈める工法です。本過程において、地盤の土は、杭を沈めながら掘削します。杭が設計深度に埋設された後、最終打撃を実施します。